安心安全マップづくりを支援します [NPO法人BigMap]
banner
 

ニュース


2015/08/10

MDCニュース 人口10万人あたりの交通事故死者数 転載

Tweet ThisSend to Facebook | by:bigmap

―――――――――――――――――――――――――――――

◎今週の話題 人口10万人あたりの交通事故死者数 

―――――――――――――――――――――――――――――

最近は、デイリーニュースの今週の話題の更新が滞っていて申しわけ

ありません。

ときどき、楽しみにされている方にお会いして反省しています。

 

今週は、ある調査で長野県の人口が国内の都道府県で何位なのかを

調べていて、長野県79万人超に対して沖縄県が141万人超である

ことにちょっとした驚きがあり、人口ベースで考えることの大切さを

改めて感じていたところ、世界の交通事故を比較する際には人口10

万人単位で比較していたことを思い出し、下記のサイトを発見しました。

 

 人口10万人あたりの交通事故死者数ランキング

 http://grading.jpn.org/y2625006.html

 

なんとワースト1と言われている愛知県は36位。神奈川県46位、

東京都が47位。

人口でみると、公共交通機関の発達が影響しているのでしょう。

香川県は確かに出張時にも苦労しました。

 

ところで、何故香川県がワースト1なのでしょうか?

大切なことはいろいろな仮説を立てて考えてみることです。

もちろん、その仮説が正しいかどうかはきちんと検証する必要があり

ます。

が、まずは考えてみます。

その際に、別のデータとの相関を取ってみるのが1つの方法です。

同じサイトに、

 

 家計、家財についての都道府県ランキング

 http://grading.jpn.org/listp27.html

 

がありました。

こちらの「世帯の資産」を見ると、香川県は「世帯(2人以上)の

預貯金現在高」で1位です。もし、車を破損した場合の買い替え余力

が日本1位という解釈には無理がある?

一方で、神奈川県、東京都は「世帯(2人以上)の住宅・土地のための

負債」が日本1、2位です。そもそも車どころではないか。

 

そこで、同じく

 

 1千世帯あたりの自動車所有数ランキング

 http://grading.jpn.org/SRL03607.html#map

 

を見てみます。

神奈川県、東京都は1世帯に1台なく、しかし香川県は平均よりは

上ですが21位です。

 

こういった面から分析して対策を考えてみるのも一計ですね。

                                     (野崎)


08:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース